このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

リコーエレメックス株式会社

このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu

English

現在地

Share

ここから本文です

付加価値提供型生産受託サービス「REX DIA」

画像:「REX DIA」付加価値提供型生産受託サービス 培ったノウハウに、磨き続けた技術に、偽りナシ。

「REX DIA」付加価値提供型生産受託サービス 培ったノウハウに、磨き続けた技術に、偽りナシ。

自工程完結

自らの工程・作業にて保証を完結させることで次工程にまで仕事を持ち込まない考え方であり、そのために自らが仕事(作業)の良し悪しをその場(自工程)で判断できるようにすること。

自工程完結

KAIZENツール

作業のしやすさを定量的に評価し、品質向上につなげます。リコーグループの各生産拠点では、日々KAIZENが行われています。それらのKAIZENを通し、開発された各種のツールは、データベースで一元管理されています。

KAIZENツール

集中購買

リコーグループでは国内外の全ての仕入先を一元管理。共同KAIZENを行うことで継続的な部品QCD管理、KAIZENを行っています。リコーグループの一員として培ってきたノウハウを元に、お客様に変わり様々な調達のお役立ちをさせていただき、部品調達コストを削減します。

集中購買

シミュレーション

生産ラインシミュレーション活用により、バーチャル上で作業環境の最適化やタクトタイムの平準化を実現できます。
作らずに創る事により、手戻りなく生産ラインの垂直立ち上げが可能となり、お客様の製品の早期量産化をお約束します。
樹脂部品においては、トライアンドエラーで図面寸法通りかつ工程能力のある部品を準備していた仕事のやり方から、流動解析シミュレーション活用により、バーチャル上でゲート位置、充填条件等を最適化し、さらに部品形状変更によるコストダウンのご提案をさせて頂きます。

シミュレーション

詳細は工場見学時にご説明いたします。お電話・eメールでの工場見学のお申し込みは以下まで
情報機器事業本部 新規事業開発部  rex-dia@mail.rex.grp.ricoh.co.jp TEL0573-25-8354

工場見学のご案内

お申し込みフォーム

REX DIAのベースであるものづくりに対する様々な取り組みをお客様の目でお確かめ下さい。

お問い合わせ

お電話・eメールでのお申し込みは以下まで
情報機器事業本部 新規事業開発部

0573-25-8354