このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

リコーエレメックス株式会社

このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地

Share

ここから本文です

本社・岡崎事業所の社員有志が北山湿地保護活動に参加

2015年5月16日

本社・岡崎事業所に勤務する社員有志4人が北山湿地保護活動に参加しました。 スタート時に雨が降っていたため、安全を考慮して通常作業は中止し、B湿地の手前に新しく作られた橋まで板材を運搬しました。その後、駐車場の拡張に含まれるエリアに生息するカンアオイの群生の移植作業を実施。カンアオイが生えている場所からスコップを使って掘り出し、200mほど離れた移植地まで運び、植え替えを行いました。カンアオイは絶滅危惧種に指定されるギフチョウの産卵場所となる植物で、よく間伐され、木漏れ日が入り涼しい風が吹き抜ける林床にしか生えません。岡崎湿地保護の会会長からギフチョウの生態を教えていただき、実際にカンアオイについているギフチョウの幼虫も見ながらの貴重種の保護作業体験となりました。

画像:保護活動の様子(1)

保護活動の様子(1)

画像:保護活動の様子(2)

保護活動の様子(2)