このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

リコーエレメックス株式会社

このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu

English

現在地

Share

ここから本文です

機器事業

リコーエレメックスのDNAである精密加工技術は幅広い領域の多様なニーズにお応えしています。

精密加工技術とは、切削やプレス、成形などによる精密部品製造、そして精密組立という極めて高度な技術の集積と言えます。例えばモジュールが0.05~と非常に微細な腕時計用のギヤ。樹脂の射出成形や切削加工により高精度なギヤ加工を実現。その加工技術は、自動車燃料噴射関連でのミクロン精度の精密穴あけやサブミクロンの精度が要求される光通信用のパーツに用いられるなど、ジャンルを超えて活かされています。インコネルなどの難削材の加工、高い精度と品質管理が要求される難形状部品の加工もリコーエレメックスが得意とする技術。航空機、宇宙機器、原子炉炉心、精密測定装置など、要求品質の高い部品加工も高く評価されています。リコーエレメックスのDNAは時代のニーズにお応えするため、日々進化し続けています。

画像:精密加工部品(時計部品)精密加工部品(時計部品)
画像:回転ゲージ回転ゲージ
画像:防衛関連機器(信管)防衛関連機器(信管)
画像:三次元測定器三次元測定器
画像:ワイヤーカット放電加工機ワイヤーカット放電加工機

組立ラインや自動化設備の制作には、蓄積されてきた精密組立技術とノウハウが息づいています。

1938年の創業とともに始められた時計製造技術への挑戦と研鑚。精度の高いウオッチ・ムーブメントづくりを通じて培いつづけたこの精密技術こそリコーエレメックスの事業分野の多様な製品づくりを支えている大きな力です。
急速充電できる充電機能付き腕時計など個性豊かな腕時計をはじめ、高い信頼性が要求される防衛関連機器、自動車エンジン部品や航空宇宙産業等の先端技術分野の加工部品から、汎用型のデスクトップ型組立ロボット「ジョブアシスト」、資源の再資源化、再利用に貢献する「切粉圧縮機」など次世代産業機器の開発、自動化設備の製作に至るまで、培った精密技術が生かされています。また、頭皮洗浄器や口腔洗浄器など健康で快適な生活にお役立ちできる様々な商品の開発にも広く力を発揮しています。
これからもこの精密加工技術をベースに社会のニーズにお応えする様々な商品開発を進めていきます。

画像:腕時計自動組立ライン腕時計自動組立ライン
画像:ムーブメントムーブメント
画像:精密部品自動組立ライン精密部品自動組立ライン

LPガスを安心して安全にご使用いただくためにLPガス関連機器をお届けしています。

リコーエレメックスでは、もの作りの原点である「お客様起点」「品質絶対」に徹底してこだわり、LPガス関連機器を開発・製造し、全国のご家庭にお届けしています。高い信頼性のもと、安心してお使いいただける製品をご提供することを最重要テーマと考え、企画段階から全機能部門参加型の新製品開発を行っています。より安全で信頼性の高い製品作りに取り組み、また全員参加型のKAIZEN活動を通じて、高い目標と高い意識で更なる品質向上を目指しています。安全性を第一に考え、さらに使いやすさにもこだわったガス漏れ警報器から、電話回線を活用して検針・保安管理を行う先進の情報通信技術を駆使した集中監視システムまで、豊富なラインナップで多様なニーズにお応えしています。お客様とのコミュニケーションの中から様々なご要望を商品開発に取り入れ、より満足いただける商品、サービスをご提供していきたいと考えています。

画像:ガス漏れ警報器ガス漏れ警報器
画像:全機能部門参加型の製品開発全機能部門参加型の製品開発